廃工場美少女純白廃人レイプのヒロインが良い子過ぎた件

廃工場美少女純白廃人レイプは、本当にリアルな廃工場から話が始まります。

しかも、その廃工場を見ている、その会社から切り捨てられた1人の底辺野郎がいるわけですね。

でも、そんな煙やら油やらが大量にある場所に、全然似合わないガチな美少女が純白の花嫁衣装を着て現れるからビックリですよ。

廃工場に現れた美少女

自分を捨てた上層部の連中に憎悪している男は、物陰から彼女に注目します。

誰もいないと思われる廃工場の中へ超美少女は、何故かたった1人で入っていきました。

彼女は父親の工場が経営不振でヤバイ時に助けてくれたレジャー企業の社長の御曹司とデートする事になっています。

そう、この娘は政略結婚させられるわけですね。

でも彼女は、愛する父親を助けてくれた人の息子となら喜んで結婚するという、とても良い子なのです。

ええ、もうまさに心も身体も純白な美少女と言えるでしょう。

こんな娘が犯されるという廃工場美少女純白廃人レイプは、序盤を読んだだけでも妄想が膨らみますね。

でも、こんな廃工場で、たった2人の結婚式をしようとか言い出す御曹司も、かなり鬼畜野郎な予感です。

なんて思っていると、この娘は既にそれまで予測していて、全てを受け入れる準備をしているというではありませんか!

ヤバいっす、この美少女みゆきちゃん、マジで良い子過ぎですよ。

こんな良い子が、これからレイプされまくるとか、もう想像だけでハァハァしてきました。

廃工場美少女純白廃人レイプは婚約者の暴走から真の開幕

廃工場美少女純白廃人レイプは、遂に工場内へ犯されに1人で入っていくヒロインの藤村みゆきという、色々な意味でドキドキする場面に突入します。

すると、まるでホラーモノみたいに工場のシャッターが閉じられて、みゆきは閉じ込められてしまいます。

はい、もうめっちゃレイプ展開が予想されますね。

花嫁姿の全ての意味で超美少女が、一体どうやって廃人になるまで犯されるのか?

これは、廃工場美少女純白廃人レイプを読み始めた時から気になっていました。

そこへ現れたのは、みゆきの父を助けた男の息子とおぼしき人物です。

婚約者富田が暴走開始

富田と呼ばれる男は、既に超美少女の花嫁姿を前にして、激しくハァハァしていました。

ええ彼は、もう最初から彼女をストーキングしている主人公の男と同格レベルのキモさを出しています。

婚約者の富田は、いきなり暴走を始めて、まともな会話すらなくみゆきの巨乳を強引に晒しァました。

ようやく廃工場美少女純白廃人レイプ、真の開幕といった所でしょうか。

こんな美少女の生乳を目の前にすると、もはや揉みし抱く以外に選択肢はありません。

「最終兵器おっぱい」とか言いながら、みゆきの胸に激しくむしゃぶりつこうとする男は、いきなりぶっ倒れてしまいました。

ここで主人公の男が乱入ですね。

ずっと、みゆきが廃工場に入る様子を盗み見ていた彼は、とっさに助けに入ったのです。

鉄パイプで富田を殴って気絶させた男は、おっぱい丸出しの藤村みゆきに何故かお礼を言われます。

いや、もう本当に良い子ですね、このみゆきちゃん。

一生懸命に巨乳をドレスに収納しようとするも、なかなか収まりきらないので困る花嫁さん。

でも、その純粋さにつけ込んで、彼はおっぱいを調査する事となりました。

このわざとらしい展開なのに、素直に胸を知らない男に触れさせるみゆきちゃん

何だかレイプというより、和姦臭が漂ってくるシーンになっていました。

いや、これって廃工場美少女純白廃人レイプという作品のはず!

ペロペロされるみゆき

まあ、結局は欲望に勝てず、男はみゆきの乳首にむしゃぶりつくんですけどね。

ここまで来て、ようやく自分が犯されると思ったセレブの美少女は、何とか人を呼ぼうとします。

ええ、ここら辺で何とかレイプ漫画という感じになってきました。

大声を出そうとするみゆきの唇をキスで塞ぐという、まさにレイプの王道技が炸裂!

さらに男は、彼女の股間に顔を埋めてクンカクンカスーハーとか、見ていて超羨ましいことをヤリ始めました。

でも、天然系純白美少女のみゆきは、場違いな余計に男のテンションを上げるセリフばかりを言い放つばかり。

興奮した男は、密室となった廃工場内で、思いきり美少女の身体を味わいます。

婚約者の暴走の後は、他の知らない男が暴走を開始して、廃工場美少女純白廃人レイプの本編が始まったという感じですね。

廃工場美少女のレイプ展開は秀逸だった

廃工場美少女は、レイプモノ漫画としては珍しいヒロインを助けてから犯すストーリーですが、実際に読むと、これが秀逸だと感じられます。

藤村みゆきが外見も中身も超美少女という事もありますが、廃工場という舞台のギャップが、さらなる萌えを誘ってくれています。

しかもみゆきが犯されるのに、あまり嫌がっている感じじゃない所も作品の秀逸さをアップさせてますね。

こうして知らないおっさんに助けられつつも、初めては後ろから奪われるという割と可哀想なみゆきちゃん。

後ろ向きな花嫁姿のみゆきさん

そんな廃工場美少女は、処女だと宣言した瞬間にヤラれるという、インパクト抜群なレイプシーンになります。

主人公の男は、普通に生きていれば間違いなく触れる事すらできないであろう、超美少女の処女を奪いました。

その背徳感と気持ちよさで、おっさんは猿のように腰を振りまくりです。

全てがパーフェクトなみゆきでしたが、何と膣内も名器だったみたいで、とんでもない事になっていますね。

とりあえず、廃工場美少女のヒロインは、やけくそレベルの何でもありな社長令嬢でした。

レイプされている最中にも、無意識に男がハメやすいように動くとか、もはや奇跡です。

吸い付かれる社長令嬢

そんな廃工場美少女という作品は、斬新過ぎるレイプ系漫画と言えるでしょう。

結局、藤村みゆきさんは、知らないおっさんに後ろから処女を奪われただけでなく、そのまま豪快に中へキメられてしまいました。

また彼女は、犯された後に毅然とした態度を取ろうとして、逆効果になっている天然ぶりも最高ですね。

こんな事されたら、男はフル回復して、第2ラウンドに突入するのは当たり前。

みゆきにお口でのご奉仕を強要すると、あれだけ強気な態度を取っていたのに、割と従順にくわえ込むから凄いですね。

これだけでも充分熱い話ですが、廃工場美少女のレイプ展開は、はっきり言ってここからなのです。

何と気絶している富田は、大人の玩具とか媚薬とかを持参しまくっていたからですね。

主人公の男は、それに気付いてみゆきにフル活用しようというわけです。

まずは、ベルトコンベアーにみゆきを寝かせて、大股開き状態で拘束。

高貴な美少女に羞恥プレイをするのは基本ですよね。

でもこのみゆきという娘は、攻められると割とすぐに気持ち良くなっちゃう所が素晴らしいです。

普通は、この手の金持ち系お嬢様は、強気なのが定番ですが、廃工場美少女に関しては全然違いました。

だが、それがイイ!と言わざるを得ません。

ここから、とんでもない機械によって、めちゃくちゃにされるみゆきの姿は超必見です!

廃工場美少女が最高にアレな理由